「低GI食品」を積極的に! <糖尿病の食事療法について知っておくべき事!>

「低GI食品」を積極的に! <糖尿病の食事療法について知っておくべき事!>

糖尿病は、血液中のブドウ糖濃度が高い高血糖を特徴とする慢性疾患です。

インスリンの分泌がうまくいかなかったり、正常な機能を果たしていない時に発病し、一度発病した糖尿病は完治の概念がなく、常に血糖値の管理が必要とされています。

この病気は、正常の血糖値を維持できない場合、致命的な合併症を誘発し、インプラント時も成功率を低下させます。

今日は、健康のための血糖値調節食品を見ていくことにしましょう。

1.血糖値調節食GI指数を知りましょう!

GI指数は、糖尿病患者のために考案されたもので、糖尿病の献立表に使われる数値です。

GI指数の低い食べ物は、糖尿病患者の急激な血糖上昇を防ぎ、過度なインスリン分泌を防ぎ、正常血糖を維持することに役立ちます。

一般的にGI指数が55以下の食べ物が、血糖値調節食としていいです。

ただし、いくらGI値が低くても、特に果物の場合は過剰摂取時の血糖値を高めるので気をつけなければなりません。

2.GI指数の低い代表的な食べ物は?

GI指数の低い食べ物は様々ありますがきのこ、豆腐、あずき、豆乳、のり、たまご、かぼちゃ、チーズ、キャベツ、わかめ、にんじん、ピーナッツ、枝豆、アーモンド、バナナ、ぶどう、みかん、りんご、トマト、プレーンヨーグルトなどがあります。

このうちプレーンヨーグルトは、糖が添加されていないものを摂取する必要があります。

そしてもう一つ、我々が毎日食べるご飯の場合、玄米を食べた方が良いですが、玄米は糖分の吸収を遅らせ、インスリンが急激に分泌されるのを防ぐので、低GI食品として適しています。

3.血糖値調節に良くない食べ物にはどんなものが?

私たちが日常の中でよく目にする食べ物のうち、代表的な食べ物としては白米、キャンディーやチョコレートのような甘い食べ物があげられます。

白米の場合は、先ほど糖尿の血糖値調節に良い食べ物で玄米を挙げたように、普段食べる白い米飯あるいは精製された小麦粉はGI数値の高い食べ物です。

キャンディーのように糖が多く含まれていることは言うまでもないでしょう?

4.最後に

今日は血糖値の調整にふさわしい低GI食品を紹介しました。

筋トレと低GI食による食習慣の改善で健康な生活習慣を作ってみましょう。

糖尿病の管理のためトレーニングを考えてる方はお気軽にご相談ください。

「横浜パーソナルトレーニングジムライトブラザーズ無料測定・カウンセリング実施中!」

無料測定・カウンセリングのご予約はこちらへ

関連記事

  1. 関節の痛みが起こる仕組み

  2. 水素水は本当に効果があるのか??[水素水のウソとホント]

  3. 糖尿病を防ぐために一番大事な事二つは??

  4. 全身バランスよく鍛えないといけない理由「私たちの筋肉が収縮す…

  5. 筋力と姿勢の関係

  6. 運動時に疲れるのは筋肉だけ!?脳の疲労にも注目!

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube