いま注目?大腰筋の機能とトレーニング

いま注目?大腰筋の機能とトレーニング

みなさんこんにちは。日々、様々な情報が筋トレの世界では

発信されていますが、最近ある筋肉が注目されているのをご存知ですか?

それは「大腰筋」という筋肉です。

大腰筋がどのように注目されているのか、どんな機能があるのか

そして鍛えるためにはどんなことをすれば良いのかといったことを

今日は解説していきたいと思います。


1.大腰筋てどんな筋肉??

まずは大腰筋がどういう筋肉かを解説していきます。

パッと大腰筋と聞いてもイメージしづらいかもしれませんが

「腰」という漢字があるように大腰筋は腰椎から始まっています。

筋の走行は腰椎から、骨盤の内側を通って大腿骨に付着します。

外側からは触れない、いわゆるインナーマッスルの扱いです。

筋肉の機能は大きく3つ、股関節の屈曲、骨盤の前傾、そして最後に

脊柱のS字カーブを維持し生理的彎曲を保つ、などがあります。


2.大腰筋が弱くなるとどんなことが起こる?

これらの機能を踏まえた上で、大腰筋が身体にとってどれほど重要なのかを

紹介していきます。大腰筋は股関節を支配する筋肉ではとても重要です。

大腰筋の機能の一つに股関節の屈曲がありましたが、大腰筋は股関節の屈曲を

促しながら骨盤を引き上げます。

これはどういうことかというと歩行や走行時のストライド

つまり歩幅に大きく関係してきます。

大腰筋がキチンと機能し、歩幅が大きくなれば高齢者の歩行能力の低下や

転倒などが防げます。そして見た目的な問題でいうと、大腰筋の拮抗筋は

大臀筋やハムストリングスといった筋肉となりますので

大腰筋をしっかりと鍛えることによってメリハリのあるヒップラインを

作ることも可能になります。

また大腰筋が弱くなると、脊柱の理想的な彎曲を保てず猫背になったり

それによって腰痛が起きやすくなったりします。


3.大腰筋を鍛えるトレーニング

ではここで実践的な大腰筋を鍛えるためのトレーニングを

紹介していきましょう。ポイントは股関節を屈曲させる動作ですので

デッドリフトやランジ、またレッグレイズなどを行うと良いでしょう。

動作のポイントは骨盤をしっかりと動かすことです。

そして高齢者の方などは日頃から歩くときは大股で歩くなどの心がけでも

大腰筋は鍛えることが可能になります。


まとめ

今日はいま注目の大腰筋について解説をしていきました。

大腰筋を鍛えると機能的な身体を手に入れられるだけでなく

お尻もキュッとあがった綺麗な身体を手に入れることができます。

ぜひ心がけて見てください。


横浜パーソナルトレーニングジムライトブラザーズ無料測定・カウンセリング実施中!

無料測定・カウンセリングのご予約はこちらへ!

関連記事

  1. 腸内フローラとはなんだろう??

  2. スープダイエットの効果は?本当に痩せるのか?

  3. BMI値とはなんだろう??

  4. トレーニングを長く続けるコツってあるの??

  5. 筋肉をつけるとき「お肉は何を食べればいいんだろう??」

  6. コラーゲンはカラダづくりにどんな効果があるの?

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube