その肘の痛み…原因と対処法

肘の痛み…なぜかわかりますか?

皆さん こんにちは。今日は肘の痛みについて解説をしていきます。

さて関節の痛みや肩こり・腰痛といった症状は誰しも一度は経験したことが

あるかと思います。今日はその中の一つ、「肘の痛み」です。肘も膝や腰と

同じように使い過ぎによって関節に負担がかかり痛めてしまうことがあります。

今日はその原因と予防法、またケアの仕方などを解説していきたいと思います。


1.肘を痛める原因

肘を痛める時はどちらかというとスポーツの最中が多いです。

よく「テニス肘」や「野球肘」、「ゴルフ肘」という風に言ったりするのを

聞いたことありませんか? 肩や腰、膝などは日頃の姿勢などで痛めることが

多いのですが、肘はそうではありません。テニスやゴルフでは打球の

インパクトの際、野球では投球などの動作で肘に負担がかかることにより痛めて

しまうことがあります。原因は手首の使いすぎや、前腕の筋力不足などが

あげられます。前腕の問題も相対的な筋力不足なのか、使い過ぎによる出力の

低下によっても問題が変わってくるのでまずはしっかりと休息をとることが

大切です。また野球などにみられる野球肘は投球時のフォームや身体の使い方に

問題があるので休息を取るだけでなく、根本的な柔軟性や投球フォームなどを

改善すると良いでしょう。


2.肘の痛みを防ぐには?

肘の痛みは先ほど述べた通り、肘関節に関係のない場所で問題が起きていることが

ほとんどです。テニス肘やゴルフ肘は手首の使い方、そして前腕筋群のケアや

トレーニングを怠らないようにしましょう。前腕筋群のトレーニングは

リバースカールやリストカールなどがおすすめです。野球肘の場合は

投球フォームの改善だけでなく、肩甲骨から肩へかけての柔軟性を

出すトレーニングも行いましょう。腕で投げるというより身体全体を使って

投げるイメージです。そして練習や試合の後は肘を冷やしてアイシングをしましょう。


まとめ

今日は肘の痛みに関して、肘を痛める原因やその対処法について簡単に解説を

しました。肘の痛みにどのような対応が必要か、まずはロキソニンなどの

鎮痛消炎剤を服用し安静にすることが大切です。そして肘を痛めた原因に応じて

リハビリやトレーニングを軽い負荷で始めるようにしましょう。

一番いけないのは痛みに耐えながらトレーニングを続けてしまうことです。

弊社のトレーニングではこのような身体の悩みがある方にも合わせて

トレーニングのプログラムを組みますので気になる方は是非一度カウンセリングにお越しください。


横浜パーソナルトレーニングジム

ライトブラザース無料測定・カウンセリング実施中問い合わせはこちら

関連記事

  1. 暑い環境で効果的に運動のパフォーマンスを上げるためには!?

  2. 火事場の馬鹿力はありえるの??

  3. BMI値とはなんだろう??

  4. 日本人の食事といえば?〜和食を知ろう〜

  5. 関節の痛みが起こる仕組み

  6. これであなたも一歩踏み出せる!ダイエットのお悩みを解決!

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube