スポーツで結果を残すために必要な筋トレとは??

スポーツで結果を残すために必要な筋トレとは??

みなさんこんにちは。

今日はスポーツと筋トレの関係について解説をしていきます。

スポーツで結果を残すアスリートたちは行っているスポーツが上手なことは

もちろんのこと、類まれなる身体能力を持っています。

昔は競技によっては筋トレは必要ないと言われることもありました。

例えば、マラソン選手には持久力が最優先で必要なため、筋トレで筋肉を

つけると身体が重くなる、とか新体操の選手は筋トレによって身体の

しなやかさが損なわれる、といったことがいわれ今でもそれを信じている指導者も

いるぐらいです。しかし、近年の科学の発展により筋トレが全てのアスリートに

有効なことが科学的に証明されるようになってきました。

しかし、全ての競技、全ての選手が同じメニューをやるべきではなく

競技や選手の能力によって正しい負荷設定や種目の選択が重要になります。

そこで今日はパフォーマンスを高めるための筋トレの考え方について解説を

していきたいと思います。


1.一時期流行った体幹トレーニング…これだけやれば良い?

いきなりですが、この世にはこれだけやっておけば良いという万能の

トレーニングは存在しません。

例えば陸上競技の短距離と長距離、この二つの種目にはそれぞれ瞬発的な力と

全身持久力がそれぞれ必要とされ、この二つの能力は両極端のものです。

そして生理学的にもそれぞれの能力においてこれらをいっぺんに鍛えることの

できる種目はないのです。

このことから、選手もしくは指導者は目的にあったトレーニング種目の選択が

欠かせません。

一時期、とあるサッカー選手が体幹トレーニングを積極的に行ったことによって

パフォーマンスが大幅に向上し、体幹トレーニングがとても流行った時期が

ありました。これを紐解いて考えてみると…このサッカー選手、実は体幹筋群以外の

筋肉は強かったものの、体幹の筋力が弱かったために身体の連動性が

あまりよくなかったのでは?とも考えられます。

力を出したり神経系の伝達には体幹の筋力が欠かせません。

これを知ってか知らずかわかりませんが自分の弱点である体幹の筋トレを

積極的に行ったことによって結果につながったのです。

ではこれが他の全員に当てはまるかというとそうではありません。


2.スポーツのパフォーマンスを決める要素は複雑

スポーツにおけるフィジカルの良し悪しを決める要素には様々なものがあり

自分にとって足りないものはまず何か?

そしてその弱点を埋めるためにはどのようなトレーニングが有効か?

ということを選手自身はもちろんのこと、コーチやトレーナーなども

把握しておくべきです。選手やチームが良い成績を上げるためには

指導者たちの目利きの能力も必要ですね。


まとめ

今日書いたようなことはスポーツ選手に限らず、一般の方やそういった方々を

指導するトレーナーにも同じようなことが言えます。

腰痛や肩こりなどなど身体のお悩みに対して根本的な治療は我々にはできませんが

なぜそうなるのかといった原因やそれを防ぐためのストレッチや

エクササイズ、そういったことはパーソナルトレーニングを通じて指導が

可能です。見た目はもちろんのこと、体質も変えたい!という方は

是非一度パーソナルトレーニングを受けにいらしてください!


横浜パーソナルトレーニングジム

ライトブラザース無料測定・カウンセリング実施中問い合わせはこちら

関連記事

  1. その肘の痛み…原因と対処法

  2. 時短トレーニングに効果はあるの??

  3. これであなたも一歩踏み出せる!ダイエットのお悩みを解決!

  4. 暑い環境で効果的に運動のパフォーマンスを上げるためには!?

  5. 筋トレと歪みの関係

  6. なにを行うのが一番良い?筋膜リリースとストレッチの違いは??…

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube