ダイエットにはつきもの!?停滞期の過ごし方

ダイエットにはつきもの!?停滞期の過ごし方

みなさん こんにちは。

今日はダイエット情報について解説をしていきたいと思います。

ダイエットをする時、誰もが通る道の一つに「停滞期」というものがあると

思います。停滞期とは食事管理や運動を続けているのに体重が微塵も

減らない時期のことを指します。

「なんで食事を減らしているのに体重が減らないの!?」と

イライラする時期ではありますが焦ったりイライラする必要は全くありません。

今日は停滞期とはどういうものなのか?

どのように乗り切ればいいのかを詳しく解説していきます。


1.停滞期とは何?

そもそも停滞期とはなんでしょうか?

私たちの身体は「ホメオスタシス」と言って身体に何か変化があると

元に戻ろうとする働きがあります。これが停滞期と何が関係あるかというと

ダイエットに置いて脂肪を落としていく過程で体重がどんどんと減っていくと

脳が「このままだと餓死する!体重をこれ以上落とすな!」という認識を

して消費カロリーをセーブしようとスイッチが入ります。

つまり身体が省エネモードに入るということです。これがいわゆる停滞期です。


2.やってはいけない対策

では停滞期には何か対策をするべきでしょうか?実はあまりありません。

ありませんというと変な誤解を生みそうですが、大事なことは食事管理と

運動を同じペースで続けることです。

よくある間違いとして体重が減らないから食事をさらに減らすということです

これだけはしてはいけません。これをすると余計に悪いサイクルを生みます。

極度に食事を減らしすぎると過剰なストレスを生み、余計に代謝を

下げてしまいます。食事それ自体にも食事誘発性熱産生といって熱産生効果が

あります。

ダイエットの時の適量とは多すぎず少なすぎずの量なのです。

これをしっかりと守りましょう。


3.もう一度生活習慣や食習慣を見直してみて

そこで食事や生活においての習慣を改めて見直してみましょう

例えば朝ごはんを食べない人でもある程度は痩せることができます。

そして停滞期が来たときに朝ごはんを少しでも食べるようにしたりしてみるのは

良い対策と言えるでしょう。

また便秘気味であればそれも体重減少に影響しますので食物繊維を

多く摂ったりヨーグルトを追加したりすると良いでしょう。

生活習慣でいうと、1日1万歩を目標に歩いたり、夜更かしをしすぎないなどが

できていなければ実施するようにしましょう。


まとめ

停滞期はダイエットをしていれば誰にも訪れます。

そして間違ったアプローチでなく正しい方法を実践できていれば

再び体重は落ちていきます。このまま体重が落ち続けると危ないという

脳のスイッチは正しい食事と運動によってスイッチオフになり再び体重が

落ち始めます。この仕組みがわかっていれば焦る必要は全くありません。

ダイエットは我慢大会ではなくストレスフリーにできる部分も

たくさんあります。気になる方はライトブラザーズで

パーソナルトレーニングを受けてみてください。


横浜パーソナルトレーニングジム

ライトブラザース無料測定・カウンセリング実施中問い合わせはこちら

関連記事

  1. おうちで簡単に出来る体力測定!「体力測定をする理由と3つの方…

  2. 運動時の水分補給の大切さ「運動時お水を飲んだ方がいいか?飲ま…

  3. トレーニング前後のストレッチが大事な理由![ストレッチの歴史…

  4. 春だからこそ実践したい!散歩のすヽめ

  5. ダイエット中におすすめの調味料とは??

  6. 意外なところで役に立つ!?プロテインドリンクの活用法とは??…

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube