ダイエットの時「良質な脂質」を摂取しなければならない理由!

ダイエットの時「良質な脂質」を摂取しなければならない理由!

脂質は必ずしも悪ではない!


1.脂質は身体に必要不可欠

ダイエットやバルクアップなど、ボディメイクをされている方は食事を気をつけている方も多いとおもいますが、特に脂質の量をみなさん気にされるかと思います。

「脂質」は悪者扱いされることが多いかと思いますが質と量に気をつければ身体には良い影響が出ます。

今日は脂質について一緒に学んでみましょう。


2.脂質の働き

脂質は三大栄養素の一つで身体にとっては欠かせない栄養素です。

脂質は1gあたり9kcalのエネルギーを作り出し、細胞膜を作ったり、ホルモンの産生を促したりします。

また、物理的に皮下脂肪は衝撃から体を守ってくれるクッション材の働きもあります。

また脂溶性のビタミン(A,D,E,K)などの吸収の助けにもなります。


3.不飽和脂肪酸

さて、そんな脂質ですが、種類がいくつかあり、簡単にですが紹介して行きます。

まずは不飽和脂肪酸です。

脂肪酸とはそもそも脂質の構成隊のことなのでそこまで気にしなくて良いです。

不飽和脂肪酸にはオリーブオイルや魚油、アボカドやナッツなどの脂肪をさします。

これらの脂肪は体内で合成することのできない必須脂肪酸などを含んでおり、リノール酸やオレイン酸、ドコサヘキサエン酸などが不飽和脂肪酸と言われています。

これらの脂肪酸は血中LDLコレステロールの低下や血栓や動脈硬化の予防にもなると言われているので積極的に摂取しましょう。


4.飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は肉や乳製品などの動物性の脂肪をさします。

バターやココナッツ油、ヤシ油にも含まれています。

不飽和脂肪酸に比べて身体への影響は良くないと言われています。

摂りすぎると、肥満や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を招くと言われていますので摂取しすぎには気をつけましょう。


5.マーガリンなどのトランス脂肪酸は要注意

マーガリン、ショートニング、加工油脂などは菓子パンやお菓子などに添加されていることが多いです。

これらの加工油脂ですが、健康には特に良くないと言われています。

トランス脂肪酸は冠動脈性心疾患のリスクが上がると言われており、肥満のリスクも高まりますので避けましょう。


6.まとめ

脂質だからと言って全く摂らないことはおすすめできません。

質を意識しながら適量、バランスの良い食事を気をつけることが大切です。

食事だけでなく運動も組み合わせて健康的な生活を送りましょう。


横浜パーソナルトレーニングジムライトブラザーズ無料測定・カウンセリング実施中!

無料測定・カウンセリングのご予約はこちらへ!


 

関連記事

  1. ダイエットにおける間違い カロリー制限のしすぎに注意

  2. たんぱく質は肉だけじゃない!大豆たんぱく質ってなんだろう?

  3. 肥満になりやすい人の特徴!

  4. サプリメントを使いこなす!カフェインの効果

  5. 塩分摂取は悪ではない!理想的な塩分の摂り方

  6. 脂肪分解材の真実

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube