ダイエット中でも間食は必要!?間食の上手な取り入れ方とは??

ダイエット中でも間食は必要!?間食の上手な取り入れ方とは??

みなさん こんにちは。

今日はダイエット中の悩みについて解説をしていきたいと思います。

ダイエットを始めると筋トレなどで運動量を増やし食事制限をして

摂取カロリーをなるべく抑えますね。食事は揚げ物やジャンクフードを

避けながらなるべく低糖質と低脂質を心がけ、一方でタンパク質を積極的に

摂るようになると思います。

そんな中、間食はどうしていますか?

完全にしちゃダメ?少しならしていい??

今日は間食との上手な付き合い方について解説をしていきます。


1.間食に適したものとそうで無いもの区別をはっきりと!

まず間食は絶対にしちゃだめ!というわけではありません。

だからと言ってあま〜いケーキやチョコレートを食べていいかというと

そういうわけでもありません。

間食に適したものをまずはしっかりと把握しましょう。

間食に適したものは「ナッツ類」、「果物」、「カカオ80%以上のチョコ」

「プロテインドリンク」などです。ここで共通しているのは加工されておらず

不要で人工的な糖や脂肪の添加がされていない食品を選ぶということです。

甘いものが好きで普段からよく食べるということであれば

それを果物やプロテインに置き換えるということが

とても有効です、果物も甘いですからね!

ナッツは小袋に分けられた物であれば食べ過ぎることもなく量の調節も

容易に行えるかと思います、理想的な量は1袋(大体10粒程度)です。

商品を選ぶ際は無塩のものを選びましょう。

チョコレートが好きな方はカカオ80%以上のものであれば少量食べても大丈夫です。


2.まずは「食べてしまう習慣」を治していく

間食OKだからと言って毎日間食していいのかというとそうでもありません。

根本的な問題として間食をしてしまう習慣を治すことが大切です。

毎日間食をしてしまうという方に何故間食をしてしまうのですか?と

聞くと明確な理由を答えられる人は意外と少ないです。

つまり、それだけ惰性で何も考えずに習慣として間食を

してしまっているのです。

無駄な間食をしないということを定着できるように頭に入れましょう。


3.間食は必要な時だけ

無駄な間食とそうで無い間食があります。

無駄な間食というのは先程述べたように何も考えずに食べてしまっている間食

では無駄では無い間食とは…??

それは低血糖になってしまった時やどうしても空腹で仕事や作業が

手につかなくなってしまった時などです。

耐えられる空腹は耐えるようにしましょう。

空腹時に体内で分泌される成長ホルモンは脂肪の燃焼効果も期待でき

ダイエットの効果を格段に上げてくれます。


まとめ

今日は間食に適したもの、間食の考え方について簡単に解説をしました。

ダイエットでは運動はもちろんですがそれよりも食事管理の方が

大切と言われています。無茶なやり方ではなく、長く続けていける方法を

指導していますのでリバウンドの心配もありません。

是非ライトブラザーズでパーソナルトレーニングを体験してみてください。


横浜パーソナルトレーニングジム

ライトブラザース無料測定・カウンセリング実施中問い合わせはこちら

関連記事

  1. 体脂肪率を管理しなければならない理由

  2. 加齢によって筋肉にはどんな変化が起こる?

  3. 内臓脂肪を減らすための運動と食事とは?

  4. 空腹でのトレーニングはダイエットに向いているのか?

  5. 2021年!今年もよろしくお願いいたします

  6. 筋力と姿勢の関係

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube