トレーニング前後のストレッチが大事な理由![ストレッチの歴史と種類]

トレーニング前後のストレッチが大事な理由![ストレッチの歴史と種類]

ストレッチも立派なトレーニングです。

多くの方がしたことがあるであろう「ストレッチ」。

これは運動前や運動後に行われることが多いです。

しかし、意外と軽視されがちでストレッチを全くしない人もいるかもしれません。

今日はストレッチが私たちにもたらしてくれることを紹介して行こうと思います。


1.ストレッチの役割とは?

まず、なぜ我々はストレッチをするのでしょうか?ストレッチとは体を伸ばすことですね。

筋肉が運動によって動かされるとき、急激な張力がかかってしまうと筋肉の断裂や関節の炎症をひき起こしてしまいます。

これを防ぐために行うのがストレッチです。

そして状況に合わせてストレッチを使い分けて行うことも重要で、次の項からはどういう種類のストレッチがあるのか紹介していきたいと思います。


1-1スタティックストレッチ

スタティックストレッチという言葉は聞きなれない方も多いかと思いますが、これは皆さんが想像するような勢いなどはつけずにじわじわと筋肉を引きのばすストレッチです。

これは古代ギリシャやローマ時代にも遡りヨガの起源とも言われているアーサナの動きとして行われていたと言われています。


1-2バリスティックストレッチ

このストレッチ、そしてバリスティックストレッチという言葉は1960年代からスポーツ医学の論文などで見かけるようになりました。

このストレッチは反動をつけて行うことにより、筋肉を伸ばし、筋肉の出力を高めるために行われることもあります。


1-3ダイナミックストレッチ

これはアスリートのウォーミングアップに行われます。

筋肉を伸ばすだけでなく関節の可動域を高めたり、身体の連動を高め運動中の動作をスムーズに行えるような動きを行ったりします。

サッカーのブラジル体操などがいい例です。

また我々の生活に馴染んだダイナミックストレッチもあります。

それはラジオ体操です。

これはしっかりと行うと体にとっていい動きがたくさん盛り込まれていますので改めてしっかりと行って欲しいものです。


2.まとめ

ストレッチも言うなればトレーニングの一つです。

実際ルーマニアンデッドリフトはハムストリングスの柔軟性を増すことがあります。

そして筋トレに取り入れると怪我予防だけでなく筋肥大にも絶大な効果があると言われています。

大事なことは使い分けです。

日頃あまりストレッチを行わない方は積極的に取り入れてみましょう。


横浜パーソナルトレーニングジムライトブラザーズ無料測定・カウンセリング実施中!

無料測定・カウンセリングのご予約はこちらへ!


 

関連記事

  1. 年を取るほど重要な筋肉!

  2. 極端な糖質制限ダイエットが危ない理由!

  3. 乳酸菌の働き[健康な身体はお腹から作られる!?]

  4. 夏と冬 代謝が高いのはどっち??

  5. 妊娠中も運動は必要?妊婦の運動時の注意点

  6. 免疫力を高める食品、生活習慣は?

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube