乳酸菌の働き[健康な身体はお腹から作られる!?]

乳酸菌の働き[健康な身体はお腹から作られる!?]

毎日、健康に過ごしていくためにバランス良い食事を心がけたり適度な運動をしている人は多いと思います。

適度な食事としては質や量を気をつけたりすると思いますが、今日は「乳酸菌」について解説していきたいと思います。


1.私たちの身体は菌と共生している[乳酸菌の説明]

 

わたし達はたくさんの菌と共に生きています。

逆に言うと菌がない無菌状態では抵抗力も弱まってしまいます。

乳酸菌は乳酸をつくる微生物であり約200種類が存在しています。

乳酸菌は動物の体内に存在し発酵食品を作る際にも使われます。

人にとっては乳酸菌は善玉菌と呼ばれ、身体に対して悪さをする悪玉菌を減らす効果があります。

善玉菌によって腸や肝臓の老化を防ぐことができます。


2.乳酸菌は万能

乳酸菌はたくさんの種類がある中、菌によって働きが異なります。

乳酸菌の効果をいくつかあげると「免疫力を高める」、「便秘の解消」、「コレステロールの低下」、「肌トラブルの解消」「抗アレルギー効果」などがあります。

腸は免疫力であったり身体の調子を保つ上で重要な器官です、そしてその腸の蠕動運動を促し調子を整えるのが乳酸菌群です。

乳酸菌は抗生物質によって減ってしまいますが、そういうときも発酵食品などで補うと良いでしょう。

発酵食品は納豆やキムチ、味噌、ヨーグルトなどです。

逆に悪玉菌を増やしてしまう食品も存在しており、肉類や食品添加物は腸内の悪玉菌を増加させてしまうのでこれを打ち消すためにも発酵食品を意識的にとるようにしましょう。


3.プロバイオティクスとプレバイオティクス

よく聞く乳酸菌飲料や食品として、プロバイオティクスとプレバイオティクスがあります。

この2つは同じものではありません。

プロバイオティクスは腸内環境を整える微生物を指しますが、プレバイオティクスはプロバイオティクスなどの有用な腸内細菌の餌となってそれらの細菌の栄養源となるものです。

具体的にはヨーグルトなどの発酵食品がプロバイオティクス、オリゴ糖がプレバイオティクスとなります。

どちらが欠けてしまってもよくありません。

今ではこの2つを合わせてシンバイオティクスと呼ばれて注目されています。


4.まとめ

腸の健康を保つための鍵は乳酸菌です。

これらの食品を積極的に食卓に取り入れましょう。

腸は先ほど述べたように体の調子を保つためにとても大事な器官です。

健康づくりに大事な乳酸菌、意識してみてください。


横浜パーソナルトレーニングジムライトブラザーズ無料測定・カウンセリング実施中!

無料測定・カウンセリングのご予約はこちらへ!


 

関連記事

  1. 夏でも注意!冷え性の原因と対策

  2. ダイエット中に外でご飯を食べるなら!?

  3. 冬が明けたら要注意!花粉症ってなに??

  4. 関節の痛みが起こる仕組み

  5. 「低GI食品」を積極的に! <糖尿病の食事療法について知って…

  6. 塩分摂取は悪ではない!理想的な塩分の摂り方

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube