夏を乗り切るために必要な対策と予防法とは?

みなさん こんにちは。梅雨も近づきそれに伴って暑い日が続いていますね。

これから気温の高い日が続きますが熱中症の対策もしっかりと取らなければいけません。

そしてそれと並行してコロナウィルスの蔓延を防ぐためにマスクの着用も

気をつけないといけません。みなさんも去年の夏に感じたと思いますが

マスクを着用していると暑くて暑くてたまりませんね。

今日は改めて熱中症を防ぐ方法とマスク着用の注意点を解説していきます。


1.マスク着用時は熱中症に要注意

厚生労働省のホームページを開くと

「新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント」というページが

出てきます。今日はそこに書かれていることも一部引用しながら記事を

書いていきます。まずコロナウィルスの感染拡大にマスクの着用は

とても効果的です。しかし、マスクの着用によって呼吸数や心拍数

血中二酸化炭素濃度、体感温度などが上昇するため高温多湿となる夏は

熱中症のリスクが高くなります。気温で言うと真夏日(30℃以上)になると

熱中症の死亡者が増加すると言われていますので注意が必要です。

屋外で人と人との距離が2m以上離れている場合は十分なソーシャルディスタンスが

保たれていると判断できますのでマスクを外しても問題ありません。

またマスクをつけているときはそうでない時に比べて喉の渇きを覚えにくいので

こまめな水分補給も欠かさないようにしましょう。

1日あたり1.2〜1.5リットルを目安に水分の補給を行うことが理想です。


2.エアコンの使用時も換気を

室内でエアコンを使用することは熱中症の対策にとても有効ですが、コロナ対策には

少々向いていません。と言うのも、エアコンには空気の循環をしてくれる機能は

ついていますが、換気の機能はついていません。

コロナ対策で大切なのは空気を換気する事なのでエアコンをつけている時でも

窓やドアを開けて換気するようにしましょう。

換気扇や扇風機を活用することも効果絶大です。エアコン使用時に窓を

開ける場合は設定温度を下げるなどの工夫をしましょう。


まとめ〜暑さに負けない身体作りも大切〜

今日は暑い夏を乗り切るための熱中症対策についてお話をしました。

マスクの着用やエアコンの使用方法などいくつか注意点を述べましたが、

まずは暑さに備えた身体作りも大切です。筋トレや外のお散歩など

1日30分から「ややきつい」と感じる程度の運動をするようにしましょう。

気になる方は是非一度カウンセリングにお越しください。


横浜パーソナルトレーニングジム

ライトブラザース無料測定・カウンセリング実施中問い合わせはこちら

関連記事

  1. 健康食品の落とし穴!?

  2. 子供にもサプリメントは必要??

  3. 筋トレは健康にいいのか悪いのか?

  4. 脂肪燃焼だけじゃない有酸素運動の驚くべき効果とは?

  5. トレーニング中は常に意識を!筋肉を使う感覚とは!?

  6. 暑い季節は気をつけて!紫外線はシミのもと!

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube