寝不足は肥満のもと!?

寝不足は肥満のもと!?

 睡眠とは、昼夜のリズムが規則的に変化する中で休息と活動を繰り返し

環境に同調するための生理機能です。この睡眠が不足すると

大脳の機能の低下によって集中力を欠き、イライラ、注意散漫、体力の低下など

私たちの生活に支障をきたします。睡眠は単に疲労回復のためだけではなく

人間の本来持つ生理機能を維持するために不可欠であり運動して体力が

あるから、若いからといって疎かにしてよいものではありません。


1.ダイエットと睡眠の関係

私たちの生理機能を維持するために必要な睡眠が不足すると

ダイエットにも大きな影響を及ぼします。

要は睡眠不足は太る!ということです。


2.成長ホルモンの分泌

寝ている最中、特に深い睡眠に入った時に成長ホルモンが多く分泌されます。

しかし睡眠が足りてないと成長ホルモンの分泌が妨げられます。

成長ホルモンの分泌量が少ないと脂肪を溜め込みやすい身体となります。

成長ホルモンは脂肪を分解する以外にも筋肉量を増加させたり

骨や皮膚を丈夫にしたりします。別名、若返りホルモンとも呼ばれたりしますが

深夜23時~2時の間に体内の成長ホルモン値は高まるため

この時間に睡眠をとれていることが一番の理想です。


3.グレリンとレプチン

この2つのホルモンは食欲と強い関係のあるホルモンです。

グレリン

グレリンは胃から分泌されるホルモン。

これによって脳の視床下部の食欲中枢を刺激します。

つまりはグレリンの分泌は食欲を増す働きがあります。

②レプチン

レプチンは脂肪細胞から分泌され、これによって摂食中枢の満腹中枢が

刺激されます。その結果レプチンの分泌は食欲を抑える働きがあります。


4.2つのホルモン、バランスが崩れると??

睡眠が不規則な場合や、睡眠時間が足りていない場合レプチンとグレリンの

バランスが崩れます。睡眠時間が短くなればなるほどグレリンの分泌が

増加しレプチンの分泌が低下するという研究結果が発表されました。

質の良い睡眠が損なわれることでグレリンとレプチンのバランスが崩れ食欲が

無意識のうちに増加し肥満に繋がっていきます。また睡眠時間の低下によって

睡眠の質も落ちてしまうインスリンの働きも低下してしまって血糖値が

上昇しやすくなって体脂肪を蓄積しやすくなった糖尿病を引き起こしやすく

なったりもします。その他にも回復力の低下や自律神経の乱れといった事も

起こしてしまいます。


まとめ

睡眠不足は免疫力の低下や抗炎症作用の低下を引き起こし回復が

遅れるだけでなく太りやすい体質も作り上げてしまいます身体を

作っていくうえで中々思うような効果が出ないなどで悩まれている方は

一度自分自身の睡眠について向き合ってみると

新たな発見があるかもしれません。


横浜パーソナルトレーニングジムライトブラザーズ無料測定・カウンセリング実施中!

無料測定・カウンセリングのご予約はこちらへ!

関連記事

  1. モデル体型になるにはBMIが大事??

  2. 肩こり、腰痛の原因と解決法

  3. 水素水は本当に効果があるのか??[水素水のウソとホント]

  4. カフェインは身体にとって有害??

  5. 筋トレによって起こる内面的な変化!

  6. 糖尿病の人が絶対鍛えなければならない部分は「ここ」だ!

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube