暑い季節は気をつけて!紫外線はシミのもと!

暑い季節は気をつけて!紫外線はシミのもと!

みなさんこんにちは。

今日はこれからの季節に要注意な「紫外線」について解説をしていきます。

夏といえば照りつける太陽!小麦色の肌は健康の証!などと謳われ日焼けを

することが大流行した時代もありました。

しかし、今では紫外線は身体にとって有害なものという認識が広く知られるようになりました。

今日は紫外線に対する基礎知識と今日からできる対策法を紹介していきたいと

思います。いつまでも美肌でいたいという方にとっては必見です。


1.紫外線は害??

紫外線は長年浴びることによってしみやシワ、また肌の弾力の低下を

引き起こし皮膚ガンの原因にもなると言われています。

太陽光線に含まれる紫外線は大きく3つ、UVA、UVB、UVCとあり

UVAが太陽から地球の地表に届く紫外線の9割、UVBが1割程度と言われています。

しみの原因は肌の表皮細胞の一番下にある色素細胞のメラノサイトの働きが

活性化されてメラニン色素が皮膚の内部に沈着することによって起きます。

メラニン色素は紫外線を吸収する働きをしますが、紫外線を浴びすぎると

皮膚の免疫力が低下したり、活性酸素の過剰生成を招き皮膚細胞の遺伝子が

傷つきこれが皮膚ガンの原因になります。


2.季節や天気で変わる紫外線の量

紫外線の量は季節や天候、また場所などによっても大きく変わります。

例えば夏と冬、夏の方が紫外線が多いのはみなさんもイメージしやすいと思います。

これは夏の方が太陽は地球の近くを通過するからです。

だからと言って冬は紫外線の量がすごい少ないかというとそんなことはなく

夏に比べて5割程度の紫外線が降り注ぎます。

また曇りの日でも晴れの日に比べて6割程度、雨の日でも3割程度は

紫外線が降り注いでいますので紫外線のケアは欠かせません。


3.これで万全 紫外線対策の方法とは?

まずは紫外線を浴びないことが第一です。

そのために日傘や帽子を活用することはとても有効です。

また夏はどうしても薄着になることが多く肌が露出することもありますが

そういう際は日焼け止めを塗るようにしましょう。顔まわりでは耳の後ろや

襟足、首や胸元のデコルテ付近が塗り忘れの多い部位になるので注意が必要です。

また日焼けをした後のアフターケアも大切です。

日焼け後はまず冷やして炎症を抑えましょう。そして肌が乾燥しないように

化粧水などを用いて保湿ケアも忘れずに!日焼けによって活性酸素も

増えますので抗酸化作用のあるビタミンCやEポリフェノールを積極的にとりましょう。


まとめ

今日は紫外線から身体を守る術について解説をしました。

紫外線によるダメージは長い年月をかけて蓄積されるものなので日頃から

気をつけることとケアを怠らないことが大切です。

今日の記事を参考にぜひ明日からでも気をつけてみてください。


横浜パーソナルトレーニングジム

ライトブラザース無料測定・カウンセリング実施中問い合わせはこちら

関連記事

  1. 夏を乗り切るために必要な対策と予防法とは?

  2. 健康食品の落とし穴!?

  3. 子供にもサプリメントは必要??

  4. 回数で変わる!筋トレの効果とは??

  5. 理想に最も早く近づくための目標の決め方って??

  6. ダイエットに必要不可欠、食事管理をするとはどういうことだろう…

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube