美肌でいたいなら日焼けは禁物?[日焼けの害と予防策]

これからの季節には注意!日焼けの害と予防策

これから夏にかけて紫外線が強くなり、野外での活動時には日焼けをしやすくなります。

日焼けを楽しむ人もいればそうでない人もいるかと思いますが、美肌を保っていたい方には日焼けはおすすめではありません。

小麦色の肌ももちろん魅力的ですが、日焼けは肌に対してダメージを与えてしまいます。

今日は日焼けのメカニズムとその簡単な予防策についても解説していきましょう。


1.美肌でいたいなら日焼けは禁物?

最近ではいつまでも美肌を保っていたい、という理想は女性だけでなく男性でも多くの方が抱いていると思います。

そのために化粧水であったり乳液でのケアをしていると思うのですが、そんなお肌にダメージを与えてしまう原因とはなんでしょうか?

それは紫外線による日焼けです!

日焼けは赤くなってヒリヒリするタイプと黒ずんでシミになる2つのタイプがあります。

シミの原因はメラニン色素という色素が肌に沈着することですが、次の項ではメラニン色素について簡単に解説していきます。


2.シミの元になるメラニン色素とはなんだろう?

メラニン色素とは紫外線に当たって肌の表皮細胞の色素細胞メラノサイトの働きが活性化されて作られます。

このメラニン色素が肌に沈着することで肌が黒くなり、シミができます。

紫外線は体にとって有害なものでそれから体を守るのがメラニン色素です。

肌が赤くなってしまうタイプの方はメラニン色素が作られにくい体質を意味するので特に注意が必要です。


3.日焼け対策のための栄養素

紫外線の対策のためにできることはなんでしょうか?

日傘などの物理的な対策も大事ですが、今日は体の中から備えるための栄養素についてご紹介します。

紫外線を浴びると活性酸素が体内で作られるのでまずは活性酸素を除去するための抗酸化物質の摂取が大切です。

抗酸化物質とはビタミンC、E、ポリフェノールなどを指します。

そしてビタミンB2も大切です。

ビタミンB2は肌の新陳代謝を促し紫外線によって生じたメラニン色素を体の外に排出する働きがあります。

ビタミンCやポリフェノールは野菜、果物などの植物性の食べ物、ビタミンB2はレバーやうなぎ、鯖や牛乳などに多くふくまれています。


4.まとめ

適度な日焼け、太陽の光を浴びることは体内時計を整えたり、ビタミンDを合成したりして体にいいこともありますが、度を越してしまうと健康を害してしまう恐れもあります。

日焼け対策のための栄養について気をつけておられる方は少ないと思うのでぜひ気をつけてみてください。


横浜パーソナルトレーニングジムライトブラザーズ無料測定・カウンセリング実施中!

無料測定・カウンセリングのご予約はこちらへ!


 

関連記事

  1. 乳酸菌の働き[健康な身体はお腹から作られる!?]

  2. 中高年になった女性の運動の取り組み方

  3. 「低GI食品」を積極的に! <糖尿病の食事療法について知って…

  4. 肥満は様々な病気を引き起こす!「メタボリックドミノについて」…

  5. 血糖値って何?どんな運動が効果的?

  6. サプリメントの活用法[過信しちゃいけない理由!]

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube