脂肪を筋肉に変える?筋肉を増やすことの真実

脂肪を筋肉に変える?筋肉を増やすことの真実

みなさんこんにちは。今日はダイエットの情報をお届けして行きます。

みなさんは筋肉を増やす時、「一旦脂肪をつけて太ってから筋肉へ変えていく」

という風に聞いたことはありませんか?

どこからこのような論調が出てきたのかは定かではありませんが

今日はこれについてプロの目から見た真実をお伝えいたします!


1.脂肪は筋肉にはならない!

さて結論からズバッと申し上げますと、脂肪は筋肉に変わることはありません。

理由は簡単、脂肪は脂質からなりますが、筋肉は水とたんぱく質で

できているからです。よく引退したアスリートが太った際に

「筋肉が脂肪に変わってしまった」なんていうこともありますが

それは厳密にいうと筋肉が落ちて脂肪の割合が増えただけです。

アスリートは現役時代にハードなトレーニングや試合のスケジュールを

こなすために多くのエネルギーを摂取する必要があります。

現役を終えた後も同様に多くのエネルギーを摂取すると

現役時代より活動量が少ない分、摂取カロリーが過剰になってしまうことは

明白ですね。


2.筋肉をつけるときはオーバーカロリーにする必要がある

しかし、世間一般的に筋肉を増やす時に脂肪も増やすというのは見方としては

あながち間違ってはいません。筋肉を大きくするとき、食事によって摂取する

カロリーは基礎代謝と活動代謝、そして食事誘発性熱産生の3つの総和を

超える必要があります。そうすると筋肉もつきますが、同時に脂肪もある

程度蓄積してしまうのです。なのでマックスに体重があるときの

ボディビルダーたちは筋肉と同時に脂肪も少しついています。

脂肪は筋肉の上につくものなので一般の方からしたらどちらかというと

太っている人、というイメージが強いかもしれませんね。

脂肪には役割もあり、衝撃の吸収作用があるので増量期の

高重量トレーニングにおいて脂肪が関節を守ってくれたりもします。


3.運動をせずに食べると…その先には何が待っている?

筋肉を大きくしていく段階において、たくさん食べることはとても大事です。

しかしそれはハードにトレーニングをするという前提があってのものです。

筋トレによって筋肥大へのスイッチを入れ、そこに栄養を摂り込むことによって

筋肉が大きくなります。一般の方が筋トレをせずにたくさんの量を食べすぎて

しまうと…?言わずもがな脂肪がどんどんと大きくなって太って行きます。

それは生活習慣病などに直結します。


まとめ

今日は筋肉を大きくしていくことの誤解について解説しました。

筋肉を大きくしたいのであればある程度脂肪がついてしまうのは仕方が

ないことです。しかし、脂肪が筋肉に変わることはないという認識は

しっかりと持っていましょう。


横浜パーソナルトレーニングジム

ライトブラザース無料測定・カウンセリング実施中問い合わせはこちら

関連記事

  1. すばしっこさ?敏捷性てなんだろう??

  2. ダイエット成功のために必ず知っておくべき「各栄養素の種類と働…

  3. 筋膜とはなんだろう?

  4. 新たなトレーニングプログラムとして注目されている「タバタプロ…

  5. 腹筋運動の誤解と真実

  6. ダイエット中に必ずプロテインを飲むべきか?

横浜パーソナルトレーニングジム ライトブラザーズ | 神奈川県横浜市神奈川区鶴 屋町1-7-12 ハウスプランビル5F 気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
気になる点など、お気軽にお問い合わせください。045-320-9277 電話お問い合 わせはこちらから!!営業時間:09時〜22時、定休日:不定期 ご予約フォーム
インスタグラム YouTube